浜名湖の環境特性と生物生産 Environment and Biological Production of Lake Hamana

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

浜名湖の地形・環境・生物生産・漁業の概要を紹介し, それらの相互関係について考察した. 地形的な制約から, 浜名湖には, 夏期, 湖心部に無酸素水塊が形成される. この無酸素水塊の形成により, 栄養塩やその他の有機物の循環が大きく影響を受ける. 浜名湖においても, 生物生産や漁業は, 直接的・間接的にこれらの物質の分布に依存している. すなわち, 地形的な特性が漁業形態を制約しており, 浜名湖の水産業の変遷には, 1951年以降, 湖口部を中心に行われた地形的な変更の影響が明確に読みとれる.

Outline of geography, environment, biological production and fisheries in Lake Hamana is reported and the relations among these characters are discussed. Geographic characters cause anoxic water in the lake basin during summer season. The circulation of inorganic and organic nutrients are highly influenced by the existence of the anoxic water. Biological production and fisheries in the lake are directly and/or indirectly affected by the distribution of these materials. In conclusion, the relations between the changes in geographic characters and development of the fisheries industry are clearly observed in the history of Lake Hamana after 1951.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 49(3), 122-128, 1995-05-31

    日本海水学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008278883
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    3610220
  • NDL 刊行物分類
    RA41(生態)
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ