河口汽水域における多毛類の分布様式 Distribution Patterns of Polychaetous Annelids in an Estuary

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 伊藤 絹子 ITO Kinuko
    • 東北大学農学部生物生産科学科 Department of Applied Bio-Sciences, Faculty of Agriculture, Tohoku University
    • 千田 良雄 CHIDA Yoshio
    • 東北大学農学部生物生産科学科 Department of Applied Bio-Sciences, Faculty of Agriculture, Tohoku University
    • 大森 迪夫 OMORI Michio
    • 東北大学農学部生物生産科学科 Department of Applied Bio-Sciences, Faculty of Agriculture, Tohoku University
    • 大方 昭弘 OKATA Akihiro
    • 東北大学農学部生物生産科学科 Department of Applied Bio-Sciences, Faculty of Agriculture, Tohoku University

抄録

河口汽水域で優占するマクロベントスである多毛類は, 周年比較的安定して存在しており, この水域に生息する魚類の主な食物源となっている. しかしながら, これら多毛類の個体数密度・現存量や分布場所を種ごとに詳細に見るとかなりの変動がある. 多毛類の季節的消長には様々な生物的要因・非生物的環境要因が影響を及ぼしていると考えられる. とくに種ごとの生活史の特徴, その中でも繁殖様式が, 多毛類の個体群動態に大きく関与していることが推察される.

Polychaetous annelids are the most dominant macrobenthos in an estuary, Hiroura lagoon, Miyagi Prefecture, Japan. The most abundant species in a polychaete assemblage of Hiroura consists of <I>Notomastus</I> sp. Okuda,<I>Neanthes japonica</I>(Izuka), and <I>Prionospio japonica</I>Okuda. A dense population of polychaete worms provides large food resollrces for fish inhabiting Hiroura. However, field studies revealed that the abundance of the various species showed spatial and temporal fluctuations. Combined biological and environmental factors affect the seasonal changes in abundance of polychaetes. Polychaete life history traits including reproductive patterns are main factors influencing species' population dynamics.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 49(3), 140-147, 1995-05-31

    日本海水学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

  • 化学環境

    和田英太郎

    河口 沿岸域の生態学とエコテクノロジー, 26-31, 1988

    被引用文献2件

  • <no title>

    オダム E. P.

    基礎生態学, 86-88, 1991

    被引用文献1件

  • 河口域の魚類

    大森迪夫

    河口 沿岸域の生態学とエコテクノロジー, 108-118, 1988

    被引用文献1件

  • 底生生物群集-生産に於ける二 三の問題

    山本護太郎

    海の生物群集と生産, 269-310, 1977

    被引用文献1件

  • 汽水域に生息する魚類とその食生活の実態

    高橋正憲

    東北大学農学研究科修士論文, 1973

    被引用文献1件

  • <no title>

    本多仁

    平成4年度日本水産学会秋季大会講演要旨集 261, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    本多仁

    平成5年度日本水産学会春季大会講演要旨集 107, 1993

    被引用文献1件

  • 干潟の鳥類

    秋山章男

    河口 沿岸域の生態学とエコテクノロジー, 98-108, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    林勇夫

    海洋と生物 76, 366, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    本多仁

    日本水産学会東北支部会報 43, 39, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    菊池泰二

    海洋と生物 33, 285, 1984

    被引用文献1件

  • <no title>

    秋山章男

    海洋と生物 1, 11, 1979

    被引用文献1件

  • 蒲生干潟の環境保全に関する基礎的研究

    栗原康

    宮城県調査研究報告書, 69-86, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    伊藤絹子

    平成4年度日本水産学会秋季大会講演要旨集 260, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    IMAJIMA M.

    Polychaetous Annelids of Japan, Part II, 311-313, 1964

    被引用文献1件

  • <no title>

    今島実

    海洋と生物 13, 130, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    今島実

    海洋と生物 73, 108, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    SATO M.

    Benthos Res. 31, 29, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    SATO M.

    Ophelia Suppl. 5, 371, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    田中昌一

    東海水研報 14, 1, 1956

    被引用文献1件

  • 感潮河川

    菊地永祐

    河口 沿岸域の生態学とエコテクノロジー, 150-160, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    LEVIN L. A.

    J. Exp. Mar. Biol. Ecol. 65, 107, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    FAUCHALD K.

    Oceanogr. Mar. Biol. Ann. Rev. 17, 193, 1979

    被引用文献1件

  • <no title>

    LEVIN L. A.

    Ecology 65, 1185, 1984

    DOI 被引用文献3件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008278947
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    3610223
  • NDL 刊行物分類
    RA48(生態--動物)
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ