Lactobacillus caseiのファージとBacillus subtilisのファージに対する食塩の作用 Effect of Salt on Phage J1 of Lactobacillus casei S1 and Phages M2 and SPO1 of Bacillus subtilis YS11

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

J1ファージとその宿主<I>L. casei</I> S1, 並びに, M2, SPO1ファージとその宿主<I>B. subtilis</I> YS11に対する食塩の作用について検討した.<BR>37℃において食塩は, J1ファージと<I>L. casei</I>の場合, 1) 0.8Mで菌の生育を完全に抑制した. 2) ファージを不活化しなかった. 3) ファージの吸着を阻害した. 4) 1.0Mでファージの増殖を完全に抑制した. M2, SPO1ファージと<I>B. subtilis</I>の場合, 1) 1.2Mで菌の生育を完全に抑制した. 2) ファージを不活化しなかった. 3) SPO1ファージの吸着を阻害した. 4) 1.2~1.3Mでファージの増殖を完全に抑制した.<BR>37℃より高い温度の影響について, J1ファージと<BR>L. caseiの場合, 1) 42℃まで菌の生育は変わらなかった. 2) 40℃でファージの増殖は完全に抑制された. M2, SPO1ファージと<I>B. subtilis</I>の場合, 1) 43~50℃で菌の生育は37℃より速かった. 2) 45~46℃でファージの増殖は完全に抑えられた. つまり, 高温で培養することによりファージを制御できることが示された.<BR>高温における食塩の作用について, 次のことが分かった. J1ファ-ジと<I>L. casei</I>の場合, 39℃において0.4Mの食塩は, 菌の生育にほとんど影響せず, ファージの増殖をほぼ完全に抑えた. つまり, 温度を上げると, より低い食塩濃度でファ-ジを制御できる可能性が示された. M2, SPO1ファージと<I>B. subtilis</I>の場合は, 44, 45℃において検討したが, このようなことは示されなかった.

The effect of salt on phages and their host bacteria was investigated using phage J1 of <I>Lactobacillus casei</I> S1 and phages M2 and SPO1 of <I>Bacillus subtilis</I> YS11. With phage J1 at 37°C, salt did not affect the infectivity of the phage, but prevented its adsorption. Salt completely inhibited the growth of phage at 1.0 M. With phages M2 and SPO1, salt did not affect the infectivity of phages. It prevented the adsorption of phage SPO1, but not of phage M2. Salt completely inhibited the growth of phages at 1.2-1.3 M. At 40°C in the absence of salt, the growth of phage J1 was completely inhibited, whereas the growth of the host bacteria was the same as at 37°C. With phages M2 and SPO1 at 45-46°C, growth was completely inhibited, whereas the growth of the host bacteria was more rapid than at 37°C. These findings suggest the possibility of phage control by means of elevating incubation temperature. At 39°C, lower concentrations of salt inhibited the growth of phage J1. This result suggests the possible use of salt for the control of phage. With phages M2 and SPO1, this is not true at 44-45°C.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 49(6), 333-340, 1995-11-01

    日本海水学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

  • <no title>

    大西博

    微生物の分離法 524, 1986

    被引用文献2件

  • <no title>

    大西博

    生化学 60, 536, 1988

    被引用文献2件

  • <no title>

    村田晃

    海水誌 48, 171, 1994

    被引用文献2件

  • <no title>

    村田晃

    海水誌 48, 346, 1994

    被引用文献2件

  • <no title>

    MURATA A.

    Agric. Biol. Chem. 35, 667, 1971

    被引用文献1件

  • <no title>

    村田晃

    農化 43, 311, 1969

    被引用文献1件

  • <no title>

    ADAMS M. H.

    Bacteriophages 443, 1959

    被引用文献2件

  • 好塩菌の特性と利用

    大西 博

    化学と生物 26(4), p238-246, 1988-04

    被引用文献2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008279812
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    3640652
  • NDL 刊行物分類
    PA61;RA11
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ