コンクリート受熱板による太陽熱海水淡水化装置の開発 Study of a Solar Still Using a Concrete Slab as a Solar Collector

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

太陽熱吸収板としてコンクリートを用い, ポーラスシートと平行細線溝を海水蒸発面に応用した液膜蒸発式屋根型海水淡水化装置を試作し, 性能評価と操作条件に関して以下のようなことがわかった.<BR>1. 供給液流量は, シートの飽和液流量から15kg・h<SUP>-1</SUP>・m<SUP>-1</SUP>までの流量域で淡水生産量に著しく影響を及ぼしたが, 15kg・h<SUP>-1</SUP>・m<SUP>-1</SUP>を越えると影響は小さくなった.<BR>2. シート蒸発表面積がメニスカス表面積より大きいとき, 淡水生産量が急激に増加した.<BR>3. シート内が不飽和液分布となる流量域では, 蒸発面のドライアウトやスケール発生のおそれがあるため, 供給液流量の最適な操作範囲は, FsからFuまでの範囲がのぞましい.

A solar still using a concrete slab as a solar collector was developed. Brine was filmwisely fed into the grooves of parallel polyethylene ropes under the slab onto which a porous sheet was attached. The production of distillate depended strongly on the feed rate divided into three liquid flow rate regions: dry-out, effective, and independent. The result of simulation with respect to meniscus film flow shows that the mechanism of heat transfer is due to the surface area ratio of the sheet to the meniscus film.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 50(1), 13-17, 1996-01-31

    日本海水学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

  • <no title>

    TOYAMA S.

    Mem. Fac. Eng. Nagoya Univ. 43, 1, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    TOYAMA S.

    Bull. Soc. Sea Water Sci. Jpn. 46, 3, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    SALAH H. M.

    Desalination 71, 347, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    TOYAMA S.

    Kagaku Kougaku Ronbunshu 11, 567, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    TOYAMA S.

    Kagaku Kougaku Ronbunshu 13, 249, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    MURASE K.

    Desalination 73, 111, 1989

    DOI 被引用文献1件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008279872
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    3924624
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ