海水における各種界面活性剤の生分解性 Biodegradation of Various Surfactants in Seawater

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

OECDガイドラインの海水によるClosed Bottle法と, これをクーロメーター (閉鎖系酸素消費量測定装置) に応用した方法を用いて, 海水による各種界面活性剤の究極分解性と生分解速度について検討を行った.<BR>その結果, 供試界面活性剤は海水によって酸化的に究極分解するものと考えられた. また, 各界面活性剤の生分解速度には,AG>AES=AS=AE≥EAA>LAS=石鹸の関係が認められ, 河川水や活性汚泥による過去の報告と同様, AES, ASの硫酸エステル型の分解速度が速い傾向があった. しかし, 通常淡水系の報告では生分解速度が速いとされる石鹸では, 金属石鹸の生成によると思われる生分解順位の逆転が認められた. さらに, 新規界面活性剤であるAGの生分解速度は非常に速く, EAAのそれは硫酸エステル型界面活性剤やAEに準じるものであった.<BR>試験法の観点からは, クーロメーター法は硝化による妨害を受けにくく, 海水における究極分解性を評価するのに適した方法であると思われた.

The ultimate biodegradability and the biodegradation rate of various surfactants in seawater were evaluated with two test methods: one is in accordance with the OECD closed bottle method; the other is a coulometer method using an oxygen consumption measuring apparatus. Surfactants used for the biodegradation tests were linear alkylbenzenesulfonate (LAS), alkylsulfate (AS), alkyl (oxyethylene) sulfate (AES), soap, alkylpoly (oxyethylene) ether (AE), alkyl polyglycoside (AG), and "ester-amide" tertiary amine salt (EAA). The surfactants tested were ultimately biodegraded by oxidation in seawater. The biodegradation rate was in the following order, AG>AES=AS=AE≥EAA>LAS=soap. The biodegradation rate of soap has often been reported to be fast in freshwater systems, but it was found in our study that its biodegradation rate in seawater was slow. It is suggested that the coulometer method is appropriate for the evaluation of ultimate biodegradation in seawater, since this method is virtually unaffected by adverse factors, in particular such as nitrification.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 50(1), 18-22, 1996-01-31

    日本海水学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

  • <no title>

    関口一

    油化学 24, 451, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    OECD Guidelines for Testing of Chemicals 306, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    OECD Guidelines for Testing of Chemicals 301C, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    工場排水試験方法, 1986

    被引用文献9件

  • <no title>

    LYMAN J.

    J. Mar. Res. 3, 134, 1940

    被引用文献8件

  • <no title>

    井上善介

    用水と廃水 14, 142, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    吉村孝一

    用水と廃水 22, 802, 1980

    被引用文献2件

  • <no title>

    出口勝彦

    ファインケミカル 19(1), 30, 1990

    被引用文献3件

  • <no title>

    花王

    特開平4-108174

    被引用文献1件

  • <no title>

    TOSHIMA Y.

    J. Jpn. Oil Chem. Soc. 44, 108, 1995

    被引用文献3件

  • <no title>

    TOSHIMA Y.

    Ecotoxicol. Environ. Saf. 29, 113, 1994

    被引用文献2件

  • <no title>

    三浦千明

    油化学 28, 351, 1979

    被引用文献3件

  • <no title>

    吉村孝一

    フレグランスジャーナル臨時増刊 5, 351, 1984

    被引用文献1件

  • <no title>

    菊地幹夫

    日水誌 51, 1859, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    吉村孝一

    フレグランスジャーナル 10, 59, 1990

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008279879
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    3924625
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ