塩化ナトリウム2水和物の生成におよぼす添加物の影響 Effect of Additives on Precipitation of Sodium Chloride Dihydrate

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 党 弘之 TO Hiroyuki
    • 財団法人塩事業センター海水総合研究所 Sea Water Science Research Laboratory, The Salt Industry Center of Japan

抄録

添加物による塩化ナトリウム2水和物の生成抑制メカニズムを明らかにし, 低温固結防止法を確立するために試験を実施し, 次の結果を得た.<BR>1) 塩化ナトリウム溶解度は, 添加物濃度の上昇とともに減少し, その効果は水和エンタルピーが大きいほど大きかった.<BR>2) 塩化ナトリウム2水和物生成量は, 温度が-5℃以下に低下すると急激に増加した.<BR>3) 塩化ナトリウム2水和物生成量は, 添加物濃度の上昇とともに減少し, その効果は水和エンタルピーが大きいほど大きかった.<BR>4) ナトリウムイオンよりも水和エンタルピーの大きい添加物によって低温固結を防止することができ, その効果は水和エンタルピーが大きなものほど大きかった.

We have stadied the inhibitive properties of sodium chloride dihydrate precipitation and established a preventive method for caking at freezing temperature using these additives.<BR>1) The solubility of sodium chloride decreased in proportion to the increase in concentration of the additives. This effect was significant since the hydration enthalpy also increased.<BR>2) Sodium chloride dihydrate precipitates increased in proportion to the decrease in temperature. In particular, it showed a rapid rate of increase below -5°C.<BR>3) Sodium chloride dihydrate precipitates decreased in proportion to the increase in concentration of the additives. This effect was significant since the hydration enthalpy also increased.<BR>4) Caking at freezing temperature was prevented by the additives whose hydration enthalpy was greater than that of the sodium ion. This effect was significant since the hydration enthalpy also increased.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 50(5), 356-362, 1996-10

    日本海水学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

  • <no title>

    JT.

    特願平7-7207, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本たばこ産業(株)塩専売事業本部

    塩試験方法, 1989

    被引用文献4件

  • <no title>

    馬野周二

    東工試報 53, 368, 1958

    被引用文献1件

  • <no title>

    OKADA I.

    Ions and Molecules in Solution, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    VORGIN B. F. J.

    J. Chem. Phys. 54, 178, 1971

    被引用文献1件

  • <no title>

    CREEKMORE R. W.

    J. Phys. Chem. 73, 1563, 1969

    被引用文献1件

  • <no title>

    CONNICK R. E.

    J. Chem. Phys. 39, 1346, 1963

    被引用文献1件

  • <no title>

    ULICH H.

    Z. Elektrochem 36, 497, 1930

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008280186
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    4045616
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ