製塩工程の自動化技術(第1報) : 差圧法による結晶懸濁密度の検出 Automatic Control of Salt Manufacturing Process (I) : Detection of Suspension Density of Crystals in an Industrial Crystallizer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

晶析装置内の結晶懸濁密度を測定するために, 高さ位置の異なる2つの圧力検出器の間の差圧を検出する方法を検討した. 圧力検出器間距離4,000mmの円筒型装置に粒径範囲0.33~0.74mmの結晶を懸濁させた場合, 実測値と計算値は良好な相関関係にあった. また, 圧力検出器取付け部に高温の水, あるいはかん水を供給することによって, スケーリングトラブルを防止できることがわかった. これらの知見を基に, 有効加熱面積400m<SUP>2</SUP>の工業装置に導入し, 実用化の検討を行ったところ, 循環系での密度測定法に比べ晶析装置内の平均的な結晶懸濁密度が検出できることが明らかとなった.<BR>最後に本実験の実施にあたり,多大なご協力をいただきました塚本孝臣, 山田文彦両氏をはじめ, ダイヤソルト (株) 崎戸事業所の皆様に, 厚く御礼申し上げます.

A method for measuring suspension density of crystals in acrystallizer by detecting pressure diflerence was discussed. When crystals in the range of 0.33-0.74mm were suspended in acylindrical apparatus with a distance of 4,000mm between the pressure gauges, the measured values were correlated with calculated ones. To prevent scaling, adding heated water or brine to the pressure gauge was effective. Based on these results, the practical application of this method for an industrial crystallizer with an actual heat exchange area of 400m<SUP>2</SUP> was discussed.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 51(6), 363-368, 1997-12-01

    日本海水学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

  • <no title>

    豊倉賢

    晶析II, 58-66, 1984

    被引用文献2件

  • <no title>

    小西武夫

    日本専売公社防府製塩試験場報告 23, 33, 1970

    被引用文献1件

  • <no title>

    小西武夫

    日本専売公社防府製塩試験場報告 24, 49, 1971

    被引用文献1件

  • <no title>

    内田俊一

    化学工学, 60-61, 1946

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008281322
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    4352213
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ