製塩工程の自動化技術(第2報) : 差圧法による缶内液組成管理方法の検討 Automatic Control of Salt Manufacturing Process (II) : Control of Composition of Solution in an Industrial Crystallizer by Pressure Difference Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

缶内液のボーメ比重を測定する方法として, 圧力検出器間の高さ方向距離2,000mmを有する円筒型差圧計, 密度計および屈折率計の適用を検討した. 差圧測定法による密度は密度計と同様にボーメ比重と良好な相関が見られたが, 屈折率はばらつきが大きかった, これら缶内液の物性値は塩類濃度により相関され, それと電気透析プロセスで得られるかん水の塩類組成比を組み合わせることにより缶内液組成の推定方法を提出した.

A cylindrical pressure differencemeter, in which two pressure gauges were attached 2,000mm apart vertically, was tested to detect the Baume specific gravity of the solution (concentrated brine or mother liquid). Methods for measuring degree of Baume using a conventional densimeter and a refractometer were also tested. The Baum especific gravity obtained by the pressure difference method was in good agreement with that deterlnined by the densimeter. But the refraction index was not correlated with the Baume specific gravity. These physical properties were correlated with the change in the salt concentrations in the solution. An estimating method for the composition by combhling the ratio of salt concentration of brine obtained from the electro dialysis process was proposed.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 51(6), 369-374, 1997-12-01

    日本海水学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

  • <no title>

    日本たばこ産業(株)塩専売事業本部

    塩試験方法, 1989

    被引用文献4件

  • <no title>

    日本海水学会

    海水利用ハンドブック 106, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本たばこ産業(株)塩専売事業本部

    塩生産関係(技術)資料, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本海水学会

    海水の科学と工業 368, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本海水学会

    海水利用ハンドブック 276, 1974

    被引用文献1件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008281327
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    4352214
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ