スプレーフラッシュ蒸発式海水淡水化システムの最適化 Optimization of a Spray Flash Desalination System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 池上 康之 IKEGAMI Yasuyuki
    • 佐賀大学理工学部附属海洋温度差エネルギー実験施設 OTEC Laboratory, Faculty of Science and Engineering, Saga University
    • 上原 春男 UEHARA Haruo
    • 佐賀大学理工学部附属海洋温度差エネルギー実験施設 OTEC Laboratory, Faculty of Science and Engineering, Saga University

抄録

スプレーフラッシュ蒸発の非平衡温度差の経験式を用いて, 最小電力量で最大造水量を得るための最適化プログラムの計算式の詳細を示すとともに, 1日当たり造水量1000トンのスプレーフラッシュ蒸発式海水淡水化システムの計算結果について示した. 主な結果を次にまとめた.<BR>(1) 1時間に得られる淡水の量当りの消費電力, すなわち, 最小評価関数γ<SUB>min</SUB>は, 式 (64) で近似できる.<BR>(2) 温冷海水入口温度差が大きくなると, 全てのポンプ動力は減少する. また, 温海水ポンプ動力P<SUB>WS</SUB>は, 総ポンプ動力P<SUB>T</SUB>の約40%を占める. 冷海水ポンプ動力P<SUB>CS</SUB>は, 総ポンプ動力P<SUB>T</SUB>の約50%を占める. 排出ポンプ動力P<SUB>BD</SUB>は, 総ポンプ動力P<SUB>T</SUB>の約10%を占めている. 真空ポンプ動力P<SUB>V</SUB>は, 約10kWにこなる.<BR>(3) 温冷海水流量は, 温冷海水入口温度差が大きくなれば減少する.<BR>(4) 放出溶存空気容量は, 冷海水入口温度T<SUB>CSI</SUB>の変化による影響が大きい.<BR>(5) 淡水化比は, 温冷海水入口温度差が大きくなると増加する. これは, 温冷海水入口温度差が大きくなるにつれて, スプレーフラッシュ室内の過熱度が大きくなるためである. 温冷海水入口温度差(T<SUB>WSI</SUB>-T<SUB>CSI</SUB>)が15.0℃~29.0℃の範囲では, 淡水化比は, 0.96~1.93%となる.<BR>(6) 造水用凝縮器伝熱面積A<SUB>DC</SUB>は, 式 (72) で近似できる. 温海水入口温度T<SUB>WSI</SUB>が28.0℃, 冷海水入口温度T<SUB>CSI</SUB>が5.0℃の時, 造水用凝縮器伝熱面積A<SUB>DC</SUB>は, 約600m<SUP>2</SUP>必要である.

Optimization of the Spray Flash Desalination System is carried out using the steepest descent method. The Spray Flash Desalination System is mainly composed of a spray flash chamber and a desalination condenser. In this system, warm sea water is evaporated in the spray flash chamber. The evaporated steam enters the desalination condenser and is condensed by the cold sea water. The consuming electric power per product water is used as an objective function. A desalination rate of 1000 tons per day using plate-type heat exchangers has been reported.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 51(6), 375-387, 1997-12-01

    日本海水学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

  • <no title>

    宮武修

    機論 45(400), 1883, 1979

    被引用文献2件

  • <no title>

    MIYATAKE Osamu

    J. Solar Energy Eng. 107(2), 176, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    UEHARA Haruo

    J. Solar Energy Eng. 118(2), 115, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    上原春男

    日本海水学会誌 51(1), 34, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    ITO H.

    J. of Hyd. Div., ASCE 99-HY9, 13538, 1973

    被引用文献1件

  • <no title>

    伊藤英覚

    日本機械学会研究成果報告書, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本機械学会

    機械工学便覧 145, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本機械学会

    管路 ダクトの流体抵抗 55, 1979

    被引用文献2件

  • <no title>

    UEHARA Haruo

    Proc., of the ASME-JSME Thermal Engineering Joint Conf. 253, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    宮武修

    日本海水学会誌 32(4), 183, 1978

    被引用文献1件

  • <no title>

    STOUGHTON R. W.

    J. Chem. Eng. Data 12, 101, 1967

    被引用文献1件

  • <no title>

    LOOMIS A. G.

    International Critical Tables 3, 255, 1928

    被引用文献1件

  • <no title>

    上原春男

    冷凍 58(673), 1017, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    上原春男

    機論 50(456), 1955, 1984

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本海水学会

    海水利用ハンドブック, 1966

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本機械学会

    流体の熱物性値集 208, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    MIYATAKE Osamu

    Desalination 36, 113, 1981

    DOI 被引用文献2件

  • <no title>

    MIYATAKE O.

    Desalination 37, 351, 1981

    DOI 被引用文献3件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008281333
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    4352215
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ