製塩工場の海水濃縮工程における溶液組成測定システムの開発(第2報)測定システムの工程への導入 Development of Composition-determining System in Seawater Concentrating Process of Salt-manufacturing Factories (II) Introduction of Determination System into Salt-manufacturing Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

製塩工場の海水濃縮工程の自動化, 省力化を目的として, かん水組成をイオン選択性電極と密度計により, 海水・脱塩海水の塩化物イオン濃度を電気伝導度計によりインライン測定する溶液組成測定システムをダイヤソルト (株) に導入した結果, 測定値は, 実用上十分な精度を持ち, インラインの自動測定が可能であった.また, 本システムを導入してから約2年経過したが, 大きなトラブルはなく, 長期にわたり安定な自動測定を実現している.

Determining the composition in the seawater concentrating process of salt-manufacturing factories is important in the operation of the electrodialyzer. We introduced an in-line determination system into the process of DIASALT Co. Ltd. in order to determine the composition of the brine with ion selective electrodes and a densitymeter, as well as the chloride ion concentrations of seawater and the desalted water with a conductivity meter. The result is as follows. The determined values of the composition of the brine and the chloride concentration of the seawater and the desalted water were accurate enough for practical use. Therefore, this system made the in-line determination possible. About two years has elapsed since we introduced this system, and we have seen stable automatic determination without serious trouble.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 52(3), 170-176, 1998-06-01

    日本海水学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008282150
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    4474720
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ