結束アミドキシム型繊維吸着剤の繰り返しウラン吸・脱着特性 Characteristics of Bundle-Shaped Fiber Adsorbent Containing Amidoxime Groups with Respect to the Repetitive Adsorption-Desorption of Uranium

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

結束アミドキシム型繊維吸着剤(結束AO-繊維)のウラン脱着特性およびその繰り返しウラン吸・脱着特性を検討した。結束AO-繊維に吸着したウランは,カラム法により1M塩酸を用いると空間速度(SV)=1h<SUP>-1</SUP>の場合, 4ベッド容積までに75%のウランが溶離した。結束AO-繊維のウラン吸着能は1M塩酸による処理時間とともに低下したが, これは酸処理による弱塩基成分の加水分解による。14日間のカラム式ウラン吸着-5時間のバッチ式ウラン脱着による繰り返しにおいて, 結束AO-繊維のウラン吸着能は繰り返し回数とともに緩やかに減少し, 5回目の繰り返しにおけるウラン吸着能はもとの約70%であった。繰り返し使用において, 結束AO-繊維は物理的に非常に安定であった。従って, 結束AO-繊維の効率的な繰り返しウラン吸・脱着において, 吸着時間を長く, 酸による脱着時間を出来るだけ短くすることが有効である。

We examined the properties of bundle-shaped fiber adsorbent containing amidoxime groups (AO-bundle) with respect to its uranium desorption and repetitive adsorption-desorption of uranium. Uranium on AO-bundles was readily eluted by means of a column method with 1M HCl, the extent of elution reaching 75% with 4 bed volumes of the eluate at a space velocity of 1h<SUP>-1</SUP>. The uranium adsorptivity of the AO-bundles decreased with an increase in the treatment time of 1M HCl, due to hydrolysis of weak-basic groups. In repetitive uranium adsorption (for 14 days by means of column method)-desorption (for 5 hours by means of batch method), the uranium adsorptivity of AO-bundles gradually decreased with the repetition number; and the adsorptivity after 5 repetitions was 70% that of the original AO-bundles. The AO-bundle showed high physical stability over repetitive usage. Therefore, longer adsorption and shorter elution with acid is very effective for repetitive uranium adsorption-desorption of the AO-bundle.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 52(3), 177-183, 1998-06-01

    日本海水学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

  • <no title>

    加藤俊作

    日化誌 1449, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    加藤俊作

    日化誌 1455, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    SAKANE K.

    Int. Meet. on Recovery of Uranium from Seawater 129, 1983

    被引用文献4件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水学会第39年会講演要旨集 37, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 42, 279, 1989

    被引用文献6件

  • <no title>

    信川寿

    日本造船学会論文集 165, 281, 1989

    被引用文献7件

  • <no title>

    信川寿

    日本造船学会論文集 168, 321, 1990

    被引用文献6件

  • <no title>

    信川寿

    日本造船学会論文集 172, 519, 1992

    被引用文献6件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 51, 133, 1997

    被引用文献3件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 50, 3, 1996

    被引用文献4件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 36, 374, 1983

    被引用文献3件

  • <no title>

    HIROTSU T.

    Sep.Sci.Technol. 22, 2217, 1987

    被引用文献3件

  • <no title>

    EGAWA H.

    Bull.Soc.Sea Water Sci.Jpn 45, 87, 1991

    被引用文献4件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008282155
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    4474721
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ