森林起源のフルボ酸鉄がコンブやワカメの生長に果たす効果 Effect of Fulvic Acid-Fe Derived from the Forest on the Growth of Laminaria Religiosa Miyabe and Undaria Pinnatifida Suringan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

森林起源のフルポ酸鉄が海藻に果たす効果について, コンブと.ワカメの遊走子 (胞子) ならびにコンブの幼体を用いて検討した.遊走子が卵を形成する割合を フルポ-Fe, EDTA-Fe, 無定形水酸化鉄をそれぞれ0.2μMとして, 10℃で培養した.30日後, 卵形成はそれぞれ70, 54, 25%であった. ワカメの卵形成についてはそれぞれ55, 42, 25%であった.また, 幼体の生長はフルポ酸-Fe共存下では無定形水酸化鉄に比べ3倍も速かった.<BR>コンブによる鉄の摂取速度を フルポ酸-Feあるいは無定形水酸化鉄を用いて測定したが, フルポ酸-Feの方が1オーダ速い摂取速度を示した. フルポ酸-Fe共存下で卵形成割合が高いことならびに幼体の生長が速いことは鉄摂取速度の相違によって説明出来ると思われる.<BR>なお, 本研究はソルト・サイエンス研究財団のプロジェクト研究「 沿岸海水環境の変化と生態系への影響」の一部として行なった.プ ロジェクトリーダーである東京大学名誉教授堀部純男先生にまた有益なご助言をいただいた東京農業大学名誉教授杉二郎先生に心から謝意を表します.

Oogonium formation and the growth rates of young sporophytes in the presence of several forms of iron were bserved. The respective percentages of oogonium formation of <I>L. religiose</I> and <I>U. pinnatifida</I> after 30 day cultures were 70, 54, 25 and 5%, and 55, 42, 25 and 0% with the addition of fulvic acid-Fe (FA-Fe), EDTA-Fe, morphous Fe (am-Fe) and control in due order. The growth rate of young sporophytes of L. religiosa with FA-Fe was about 3 times higher than that with am-Fe. The iron uptake rate of <I>L. religiosa</I> with FA-Fe was about 20 mes higher than that with am-Fe. The high percentage of oogonium formation and the high growth rate with A-Fe will be explained by the high Fe uptake rate with FA-Fe.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 52(5), 315-318, 1998-10-01

    日本海水学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

  • <no title>

    GEIDER R. J.

    Photosynthesis Res. 39, 275, 1994

    被引用文献5件

  • <no title>

    ZAFIRIOU O. C.

    Mar. Chem. 8, 281, 1980

    被引用文献1件

  • <no title>

    HUDSON R. J. M.

    Mar. Chem. 38, 209, 1992

    被引用文献2件

  • <no title>

    MATSUNAGA K.

    Jan. J. Limnol. 43, 182, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    MATSUNAGA K.

    Estuar. Coastal Shelf Sci. 18, 615, 1984

    被引用文献1件

  • <no title>

    HERING J. G.

    Envir. Sci. Tech. 22, 1234, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    GRANELI E.

    J. Exp. Mar. Biol. Ecol. 136, 89, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    CARLSSON P.

    Estur. Coastal Shelf Sci. 36, 433, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    GLOVER H. E.

    Limnol. Oceanogr. 23, 534, 1978

    被引用文献2件

  • <no title>

    SUZUKI Y.

    Fish. Sci. 60, 373, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    SUZUKI Y.

    Phycologia 34, 201, 1995

    被引用文献2件

  • <no title>

    MATSUNAGA K.

    J. Appl. Phycol. 6, 397, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    SUZUKI Y.

    J. Exp. Mar. Biol. Ecol. 225, 69, 1998

    被引用文献2件

  • <no title>

    BYRNE R. H.

    Mar. Chem. 4, 255, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    MANTOURA R. F. C.

    Anal. Chim. Acta 76, 97, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    HUDSON R. J. M.

    Limnol. Oceanogr. 34, 1113, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    KONONOVA M. M.

    soil organic matter ; its role in soil formation and in soil fertility 544, 1966

    被引用文献1件

  • <no title>

    KUMA K.

    Mar. Chem. 38, 133, 1992

    被引用文献2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008282976
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    4574841
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ