塩化ナトリウムの固結機構の解明(第1報)環境条件と高純度塩の結晶表面変化の関係 Clarification of Caking Mechanism of Sodium Chloride (I) Relationship between Environmental Conditions and Change of Crystal Surface-roughness of High-purity Salts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 党 弘之 TO Hiroyuki
    • (財)塩事業センター海水総合研究所 Sea Water Science Research Laboratory, The Salt Industry Center of Japan

抄録

電子線粗さ解析装置を用いて環境条件と塩化ナトリウム結晶表面変化の関係について試験を行い, 次の結果を得た.<BR>1) 結晶表面は温度および相対湿度が高いほど大きく変化し, その影響は相対湿度のほうが大きかった.<BR>2) 結晶表面が変化を開始する相対湿度 (Ψ<SUB>t</SUB>) には温度依存性があり, 温度が高いほど低い相対湿度から変化を開始した.<BR>3) 同一温度で相対湿度をサイクル変動させた場合の結晶表面変化は, サイクル変動の影響を受けなかった.<BR>4) 相対湿度がΨ<SUB>t</SUB>以下の場合には結晶表面に吸着した水と空気中の水分子は結晶表面を変化させることはできず,Ψ<SUB>t</SUB>をこえた場合に変化させることができた. 結晶表面を変化させることのできる吸着水および湿度を活性水分と活性湿度と名付けた.<BR>5) 活性水分および活性湿度を用いて水と塩化ナトリウムの相互作用と高純度塩の固結の関係に関するモデルを作成した.<BR>6) 累積活性湿度と高純度塩の固結の関係について解析し, 高い相関を見いだした.

We have investigated the relationship between environmental conditions and changes on the crystal surface of sodium chloride using an electron probe surface roughness analyzer. The following results were obtained.<BR>1) The surface-roughness of crystal increased in proportion to the increase in temperature and relative humidity. Relative humidity was more effective than temperature.<BR>2) The relative humidity under which the crystal surface-roughness begins to change (Ψ<SUB>t</SUB>) depended upon temperature, and it decreased in proportion to the increase in temperature.<BR>3) When relative humidity was oscillated at constant temperature, the oscillations did not effect a change in the crystal surface-roughness.<BR>4) When relative humidity was Ψ<SUB>t</SUB> or below, the adsorbed water on the crystal surface and the molecular water in the air did not change the crystal surface-roughness. When relative humidity was over Ψ<SUB>t</SUB>, they changed the crystal surface-roughness. These phenomena that changed the crystal surface-roughness we called active water and active humidity.<BR>5) We have made a model elucidating the relationship between the interaction of water and sodium chloride and the caking of high purity salt using active water and active humidity.<BR>6) The caking strength of high-purity salt showed a positive correlation to the accumulated active humidity.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 53(3), 185-194, 1999-06-01

    日本海水学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

  • <no title>

    江崎茂

    日塩誌 14, 303, 1961

    被引用文献1件

  • <no title>

    HUCHER M.

    Bull. Soc. Fr. Mineral. Crist. 90, 320, 1967

    被引用文献1件

  • <no title>

    海保守

    日化誌 1386, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    海保守

    日化誌 914, 1973

    被引用文献1件

  • <no title>

    海保守

    日化誌 2, 233, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    DAI D. J.

    J. Phys. Chem. 99, 10299, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    SHINDO H.

    Surf. Sci. 357/358, 115, 1996

    被引用文献3件

  • <no title>

    新藤斎

    ソルトサイエンス研究財団助成研究報告集I 129, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    新藤斎

    ソルトサイエンス研究財団助成研究報告集I 133, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    新藤斎

    ソルトサイエンス研究財団助成研究報告集I 119, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    DAI Q.

    J.Phys.Chem. B101, 1994, 1997

    被引用文献2件

  • <no title>

    日本規格協会

    JIS B 0601-1994, 表面粗さ-定義及び表示, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    鍵和田賢一

    第35回海水技術研修会テキスト 37, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    増沢力

    専売小試報告 16, 61, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    増沢力

    専売小試報告 16, 67, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    篠原富男

    海水学会第48年会要旨集 6, 1997

    被引用文献1件

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008283389
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    4747550
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ