養豚経営における窒素排泄量削減と飼料費低減のトレード・オフ分析 Trade-off Analysis between Reduction of Nitrogen Excretion and Decrease of Diet Price in Pig Farm

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 樽本 祐助 TARUMOTO Yusuke
    • 九州農業試験場総合研究部 Department of Integrated Research for Agriculture, Kyushu National Agricultural Experiment Station

抄録

養豚経営では,ふん尿の環境に与える負荷を軽減することが重要な課題になっている。その対策の一つとして,栄養管理によって排泄される窒素を削減する方法がある。しかしこの方法には,窒素の削減量に応じて飼料費が増加するというトレード・オフの関係がある。したがって,この方法の環境負荷軽減に対する有効性を検討するためには,このトレード・オフに対する養豚経営者の評価が必要である。そこで養豚経営者に対してトレード・オフ分析を行った結果,窒素排泄量の削減よりも飼料費の低減を重視していることが明らかになった。

収録刊行物

  • 日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science

    日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science 37(4), 129-132, 2000-12-25

    日本養豚学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008284139
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10202971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913882X
  • NDL 記事登録ID
    5621345
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1082
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ