夏季高温時のトラック輸送が豚ストレス感受性遺伝子ヘテロ接合体保有豚と正常豚の直腸温度,呼吸数,血清中成分に及ぼす影響 The Effect of Transportation of the Porcine Stress Syndrome (PSS) Heterozygous - and the PSS Homozygous - Negative Pigs in a Hot Environmental Loading Truck on their Rectal Temperatures, Respiratory Rates, and Blood Serum Composition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

夏季のトラック輸送が,豚ストレス症候群(Porcine Stress Syndrome:PSS)遺伝子型の異なる豚に及ぼす影響を検討する目的で,PSS遺伝子型をヘテロ接合体で保有する(以下,Nn型)個体とPSS遺伝子を保有しない(以下,NN型)個体を輸送間平均気温36℃(以下,36℃区)及び平均気温30℃(以下,30℃区)の条件下で輸送し,直腸温度,呼吸数,輸送前後の血清中グルコース,乳酸,サイロキシン(以下,T4),コルチゾール濃度の変化を調査した。 36℃の直腸温度変化は,NN,Nn型ともにトラック搬入時に上昇し,Nn型の体温はNN型に比べ有意(P

収録刊行物

  • 日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science

    日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science 38(1), 4-11, 2001-03-10

    日本養豚学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008284174
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10202971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913882X
  • NDL 記事登録ID
    5700987
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1082
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ