豚の消化試験における指標物質としてのセライト添加酸不溶性灰分の利用 Use of acid-insoluble ash added with celite as a marker for determining digestibility in pigs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 古谷 修 FURUYA Shu
    • (財)畜産環境整備機構畜産環境技術研究所 Livestock Environmental Improvement Organization, Institute of Livestock Industry's Environmental Technology
    • 山本 朱美 YAMAMOTO Akemi
    • (財)畜産環境整備機構畜産環境技術研究所 Livestock Environmental Improvement Organization, Institute of Livestock Industry's Environmental Technology
    • 伊藤 稔 [他] ITOH Minoru
    • (財)畜産環境整備機構畜産環境技術研究所 Livestock Environmental Improvement Organization, Institute of Livestock Industry's Environmental Technology
    • 青木 幸尚 AOKI Yukihisa
    • (財)畜産環境整備機構畜産環境技術研究所 Livestock Environmental Improvement Organization, Institute of Livestock Industry's Environmental Technology

抄録

豚の消化試験の指標物質として酸不溶性灰分(AIA)について評価した。4頭の去勢雄豚を代謝ケージに収容し、2頭にはトウモロコシとダイズ粕を主体とし、セライトを2%添加した標準飼料、別の2頭には標準飼料に30%の乾燥リンゴジュース粕および2%のセライトを添加した飼料(リンゴ粕飼料)を体重のそれぞれ3および3.9%になるように給与した。飲水は自由とした。9日間の予備飼育の後5日間にわたり全糞を採取し、AIAの糞中ヘの回収率と乾物および粗タンパク質(CP)の消化率を測定した。同じ試験を、各供試豚への給与飼料を入れ替えて反復実施し、1飼料区4頭の成績とした。その結果、標準飼料およびリンゴ粕飼料のAIAの回収率は、それぞれ、98.4および95.5%となった。AIA法による乾物消化率は、標準飼料およびリンゴ粕飼料で、それぞれ82.7および76.4%となり、全糞採取法から得たそれぞれの乾物消化率83.0および77.4%とよく一致した。また、CPの消化率は、AIA法のそれぞれ83.4および67.9%に対して全糞採取法ではそれぞれ83.6および69.4%となった。AIA法による乾物消化率の5日間の日間変動はきわめて小さかった。以上の結果より、セライトを2%添加したAIAは、豚の消化率測定の指標物質として十分使用できるものと考えられた。

収録刊行物

  • 日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science

    日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science 38(4), 171-176, 2001-12-25

    日本養豚学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008284454
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10202971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913882X
  • NDL 記事登録ID
    6026811
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1082
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ