豚凍結精液授精後の受精率について Fertilization Rate in Sows Inseminated with Frozen Boar Semen

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

凍結精液による豚の人工授精は液状精液に比べて産子数が少ないといわれている。そのため, 今回, 凍結精液を用いて授精を行い, 数日以内を目途に雌豚を解剖して卵子を回収し受精状況を観察した。<br>供試精液は, 全て1頭のデユロック種のものである。雌豚はLW種27頭 (経産豚25頭, 未経産豚2頭)である。卵子が回収された17頭の平均受精卵率は53.3%であった。黄体数から推測したこれら17頭の推定受精卵の平均は11.3個であったが, 産子数はこれより少なくなることが予測された。これら17頭のうち, 15頭は過去に液状精液を用いて授精させた経産豚で, その平均産子数は, 12.3頭であった。また, 今回, 比較のたあにおこなった液状精液での受精卵数は平均16.2個であった。これらから,凍結精液による受精は液状精液との間に受精時点ですでに差のあることが認められ, その原因が精子側に存在することが示唆された。しかし, その機序については解明がされなかった。

Recent reports on artificial insemination by use of the frozen boar semen have shown that fertilization rate is lower than that of the liquid semen. The study reported here was conducted to gain the fertilization rate at the early embryonic stage. Twenty five multiparous sows (LW) and 2 gilts were inseminated with the semen of one boar (Duroc), slaughtered in several days following the insemination, and then the ova were collected. The average fertilization rate of 17 sows the ove of which collected was 53.3% and the average number of fertilized ova concluded from number of corpora lutea was 11.3. Fifteen out of 17 sows stated above were nultiparae inseminated with liquid semen in the past and the mean litter size was 12.3 at that time. Also the average number of the ova fertilized using liquid semen at the present study was 16.2. These results suggested that the lower fertilization rate in sows inseninated with frozen semen was due to the use of frozon semen. But the mechanism was not clear.

収録刊行物

  • 日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science

    日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science 34(3), 115-119, 1997-09-30

    日本養豚学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008284749
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10202971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913882X
  • NDL 記事登録ID
    4305615
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1082
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ