ダチョウ(Struthio camelus)とシナガチョウ(Cygnopsis cygnoid var. orientalis)に認められた心室中隔欠損 Ventricular Septal Defects in an Ostrich (Struthio camelus) and a Chinese Goose (Cygnopsis cygnoid var. orientalis)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

18ヶ月で突然死したメスのダチョウと生来虚弱であった成熟オスのシナガチョウでVSDが認められた。両者のVSDは筋性部に位置していた。ダチョウのVSDは大きく,唇状の心内膜肥厚を示していた。ダチョウは左前大静脈欠損を伴っていた。

Ventricular septal defects were observed in a female ostrich that died suddenly at the age of 18 months and in an euthanized male adult Chinese goose. Both defects were located in the muscular septum. The defect of the ostrich was large and had a lip-like protrusion consisting of thick endocardium. The ostrich heart was accompanied by the defect of the left anterior vena cava.

収録刊行物

  • 動物の循環器 = Advances in animal cardiology

    動物の循環器 = Advances in animal cardiology 33(1), 33-37, 2000-05

    獣医循環器研究会

参考文献:  34件中 1-34件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008286291
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192925
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09106537
  • NDL 記事登録ID
    5380376
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1508
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ