レースバトとドバトにおける不整脈の観察 Observation on Spontaneously Occurring Arrhythmias in Racing Pigeons and Feral Pigeons

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小林 正行 KOBAYASHI Masayuki
    • 東京農工大学農学部獣医学科家畜病理学教室 Department of Veterinary Pathology, Faculty of Agriculture, Tokyo University of Agriculture and Technology
    • 樫田 陽子 KASHIDA Yoko
    • 東京農工大学農学部獣医学科家畜病理学教室 Department of Veterinary Pathology, Faculty of Agriculture, Tokyo University of Agriculture and Technology
    • 町田 登 [他] MACHIDA Noboru
    • 東京農工大学農学部獣医学科家畜病理学教室 Department of Veterinary Pathology, Faculty of Agriculture, Tokyo University of Agriculture and Technology
    • 桐生 啓治 KIRYU Keiji
    • 東京農工大学農学部獣医学科家畜病理学教室 Department of Veterinary Pathology, Faculty of Agriculture, Tokyo University of Agriculture and Technology

抄録

レースバト18羽およびドバト48羽を用いて心電図学的検索を実施し, ハトに自然発生する不整脈の発生状況について比較検討した。心電図記録は標準双極肢誘導 (I, IIおよびIII) により,無麻酔, 無拘束, 安静状態下で行った。不整脈はレースバトの全例 (100%) ならびにドバトの24例 (50.0%) に認められ, レースバトでの発生率はドバトよりも有意に高かった。観察された不整脈の種類および発生率は,レースバトでは洞性不整脈18例 (100%) , 洞房ブロックあるいは洞休止11例 (61.1%) , 第2度房室ブロックMobitz I型 (Wenckebach型) 6例 (33.3%) ならびに心室性期外収縮3例 (16.7%) であった。一方,ドバトでは洞性不整脈12例 (25.0%) , 洞房ブロックあるいは洞休止12例 (25.0%) , 第2度房室ブロックMobitz I型1例 (2.1%) ならびに第2度房室ブロックMobitzII型4例 (8.3%) であった。今回の検索結果から, レースバトはスポーツ心臓に関連して生ずる不整脈の研究に適した動物であること, ならびにレースバトでの不整脈の発生状況はサラブレッド競走馬でのそれと多くの共通点を有していることが明らかになった。

In order to examine the spontaneous occurrence of arrhythmias in 2 groups consisting of 18 racing pigeons and 48 feral pigeons, electrocardiograms using standard bipolar limb leads ( I, II and III) were recorded in both the groups of pigeons at rest. The racing pigeons showed a significantly higher incidence of arrhythmias than the feral pigeons (racing=100% ; feral=50.0% ; p<0.001). The incidence of every one of such arrhythmias in the racing, revealed sinus arrhythmia (SA) in 18 (100%), sinoatrial block or sinus arrest (SAB/SAT) in 11 (61.1%), second-degree atrioventricular block (2°AVB) Mobitz type I (Wenckebach type) in 6 (33.3%), and ventricular premature contraction in 3 (16.7%). The feral revealed SA in 12 (25.0%), SAB/SAT in 12 (25.0%), and 2°AVB Mobitz type I in 1 (2.1%) and Mobitz type II in 4 (8.3%). The present results showing differences of incidence of arrhythmias in the 2 groups of pigeons, suggest that the racing pigeon may be not only a relevant animal for studying arrhythmias related to the athletic heart but may be useful in correspondence with equine cardiology.

収録刊行物

  • 動物の循環器 = Advances in animal cardiology

    動物の循環器 = Advances in animal cardiology 31(1), 26-33, 1998-06

    獣医循環器研究会

参考文献:  31件中 1-31件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008287411
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192925
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09106537
  • NDL 記事登録ID
    4585517
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1508
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ