5)Guillain-Barre症侯群,Fisher症候群の発症機序 : 先行感染の病原体と神経構成成分の分子相同性 Pathogenesis of Guillain-Barre syndrome and Fisher's syndrome : Molecular mimicry between antecedent infectious agents and components of nerve tissues

この論文をさがす

著者

    • 結城 伸ひろ YUKI Nobuhiro
    • 東京医科歯科大学医学部分子医化学 Department of Biochemistry, Faculty of Medicine, Tokyo Medical and Dental University

収録刊行物

  • 臨床神経学

    臨床神経学 35(12), 1373-1375, 1995-12-01

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008314948
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00253207
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0009918X
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ