ジストニアを主徴とし^<18>F-6-fluorodopa PETで異常を認めた家族性若年発症ジストニア-パーキンソニズムの1例 A case of familial juvenile dystonia-parkinsonism : ^<18>F-6-fluorodopa and ^<18>F-fluoro-2-deoxyglucose PET study

この論文をさがす

著者

    • 福山 秀直 FUKUYAMA Hidenao
    • 京都大学大学院医学研究科臨床脳生理学 Department of Brain Pathophysiology, Faculty of Medicine, Kyoto University
    • 加藤 元博 KATO Motohiro
    • 九州大学脳研臨床神経生理 Department of Clinical Neurophysiology, Faculty of Medicine, Kyushu University
    • 木村 淳 KIMURA Jun
    • 京都大学大学院医学研究科臨床神経学 Department of Neurology, Faculty of Medicine, Kyoto University
    • 柴崎 浩 SHIBASAKI Hiroshi
    • 京都大学大学院医学研究科臨床脳生理学 Department of Brain Pathophysiology, Faculty of Medicine, Kyoto University

収録刊行物

  • 臨床神経学

    臨床神経学 36(5), 655-660, 1996-05-01

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008316728
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00253207
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0009918X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ