頭部MRI T_1強調像で淡蒼球中心に高信号を認め,肝障害をもたず姿勢反射障害を呈した姉妹例 A familial case of postural reflex disorder presenting high intensity area mainly in the globus pallidus on T_1-weighted cerebral MRI without clear liver damage

この論文をさがす

著者

    • 和泉 聖子 IZUMI Seiko
    • 名古屋第一赤十字病院神経内科 Department of Neurology, The Japanese Red Cross Nagoya First Hospital
    • 西村 麗 NISHIMURA Rei
    • 名古屋第一赤十字病院神経内科 Department of Neurology, The Japanese Red Cross Nagoya First Hospital
    • 真野 和夫 MANO Kazuo
    • 名古屋第一赤十字病院神経内科 Department of Neurology, The Japanese Red Cross Nagoya First Hospital

収録刊行物

  • 臨床神経学

    臨床神経学 37(7), 636-640, 1997-07-01

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008320030
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00253207
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0009918X
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ