両側の胸水貯留で発症した特発性線維性縦隔炎の1例 A case of idiopathic fibrosing mediastinitis presented with bilateral pleural effusion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は56歳,男性.労作時息切れと両側の胸水貯留で発症し, CTにて縦隔下部の胸部大動脈周囲から後腹膜の腫瘤と両側胸膜の肥厚を指摘された. CRP高値,血沈促進, IgG高値を認め,肺活量は著明に減少していた.縦隔,胸膜の生検では,腫瘤は脂肪組織と線維組織からなり,軽度の細胞浸潤を認めた.以上の所見より特発性線維性縦隔炎と診断した.プレドニゾロン40mg/日投与により炎症反応は陰性化したが, CTでの腫瘤のサイズはごくわずかに縮小したのみで,胸水の量や肺活量には変化を認めなかった.

A case is reported of a 56-year-old male who presented with bilateral pleural effusion as an initial manifestation of idiopathic fibrosing mediastinitis. The patient showed shortness of breath with severe loss of vital capacity and weight loss. A mediastinal mass surrounding the thoracic aorta and bilateral pleuritis was identified by the chest CT scan. The mass extended, along the abdominal aorta, to the upper portion of retroperitoneum. Laboratory data showed elevated levels of C-reactive protein (CRP), erythrocyte sedimentation ratio (ESR), and IgG. Biopsy of the mediastinal and the pleural mass showed adipose tissue and fibrosis with mild perivascular inflammatory infiltration. A diagnosis of idiopathic fibrosing mediastinitis was made, and 40mg/day of prednisolone was administered. Although CRP and ESR was normalized, the mass size and vital capacity were almost unchanged.

収録刊行物

  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology

    日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 25(2), 177-183, 2002-04-30

    The Japan Society for Clinical Immunology

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

  • ステロイドが有効であった特発性線維性縦隔炎の1例

    加藤 剛 , 高橋 浩一郎 , 安部 友範 , 柿野 千穂 , 松尾 綾子 , 小林 直美 , 小宮 一利 , 荒金 尚子 , 林 真一郎

    日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society 49(11), 822-826, 2011-11-10

    医中誌Web 参考文献13件 被引用文献1件

  • 硬化性縦隔炎の1例

    岡 ゆかり , 濱平 陽史 , 山内 裕美子 , 大沼 健一 , 森川 悟 , 鄭 聡柄 , 高橋 宏暢 , 与茂田 愛 , 五百蔵 智明 , 久呉 真章

    日本小児科学会雑誌 111(12), 1603-1609, 2007-12-01

    医中誌Web 参考文献29件

  • ステロイドが著効した線維性縦隔炎の2例

    石橋 直也 , 佐藤 伸之 , 岡田 克典 , 近藤 丘

    日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 26(6), 609-614, 2012-09-15

    参考文献27件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008353553
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00357971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09114300
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ