MRI脳表面構造画像が脳萎縮評価に有用であった前頭側頭型痴呆の1例 Frontotemporal dementia : The usefulness of surface anatomy scanning for evaluation of brain atrophy with MRI

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 川井 元晴 KAWAI Motoharu
    • 山口大学脳神経病態学(神経内科学)講座 Department of Neurology and Clinical Neuroscience, Yamaguchi University School of Medicine
    • 根来 清 [他] NEGORO Kiyoshi
    • 山口大学脳神経病態学(神経内科学)講座 Department of Neurology and Clinical Neuroscience, Yamaguchi University School of Medicine
    • 森松 光紀 MORIMATSU Mitsunori
    • 山口大学脳神経病態学(神経内科学)講座 Department of Neurology and Clinical Neuroscience, Yamaguchi University School of Medicine

抄録

63歳女性.発語減少・同じ内容を繰り返し話すことを主訴に来院.高度の失語症と行動障害を認めた.頭部MRI Surface Anatomy Scanning (SAS)で左優位両側前頭側頭葉の脳萎縮,脳血流SPECTにて同部位の血流低下を認め,前頭側頭型痴呆(frontotemporaldementia, FTD)と診断した.大脳変性疾患での脳萎縮の分布把握にSASは有用であり,臨床診断の補助として積極的に行うべきである.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 91(2), 725-727, 2002-02-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008354090
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025075371
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ