Unusual patternのlight chain deposition diseaseを呈した多発性骨髄腫の1例 Multiple myeloma light chain deposition with specific pathological change

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は71歳,女性,急性腎不全にて入院.血清,尿にてκ-type Bence Jones蛋白を認め,腎組織上,大半の糸球体にWIRELOOP様に係蹄壁の著明な肥厚像をみとめた.蛍光抗体法では,糸球体係蹄壁に沿ってκchainの沈着がみられ, Light chain deposition disease (LCDD) κtypeと診断.本症例の病変はLCDDの中で非常に稀なケースであり報告した.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 91(2), 749-751, 2002-02-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008354151
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025075786
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ