急性心筋梗塞に対する direct PTCA 後の suboptimal result のためステント挿入を行ったが,3カ月後の追跡造影にて近位部に著明な冠動脈解離を認めた1例 Significant Coronary Dissection Occurring Retrogradely and Appearing Late in a Stented LAD in the Setting of Acute Myocardial Infarction

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Japanese journal of interventional cardiology

    Japanese journal of interventional cardiology 11(3), 260-264, 1996-06-10

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008357845
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10236882
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09148922
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ