血管内超音波より評価したカッティングバルーンの急性期拡張および遠隔期再狭窄の機序 Mechanism of Acute Gain and Late Loss Operating in Angioplasty with a Cutting Balloon as Evaluated by Intravascular Ultrasonography

この論文をさがす

著者

    • 塚原 玲子 TSUKAHARA Reiko
    • 健康保険総合川崎中央病院循環器科 Cardiovascular Division, Health Insurance General Kawasaki Central Hospital
    • 方 眞美 HOU Mami
    • 健康保険総合川崎中央病院循環器科 Cardiovascular Division, Health Insurance General Kawasaki Central Hospital
    • 森 朋子 MORI Tomoko
    • 健康保険総合川崎中央病院循環器科 Cardiovascular Division, Health Insurance General Kawasaki Central Hospital
    • 矢部 喜正 YABE Yoshimasa
    • 東邦大学医学部付属大森病院循環器診断センター Cardiovascular Diagnostic and Interventional Cardiology, Toho University School of Medicine

収録刊行物

  • Japanese journal of interventional cardiology

    Japanese journal of interventional cardiology 11(5), 439-442, 1996-10-10

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008358155
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10236882
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09148922
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ