ショックを呈する右冠動脈の晩期再灌流にステントが有用であった1例 Late Reperfusion of Right Coronary Artery Occlusion with Cardiogenic Shock achieved by Palmaz-Schatz Coronary Stenting

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Japanese journal of interventional cardiology

    Japanese journal of interventional cardiology 13(1), 66-72, 1998-02-10

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008359259
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10236882
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09148922
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ