PTCA後の長時間冠血流速モニタリングにより急性冠閉塞を予知し左主幹部ステントを施行した1例 Early Diagnosis of Post PTCA Impending Acute Closure by Continuous Monitoring of Coronary Flow Velocity : A Case of Left Main Dissection Closure Successfully Bailed Out

この論文をさがす

著者

    • 角田 太郎 TSUNODA Taro
    • 富士重工業健康保険組合総合太田病院循環器センター内科 Department of Cardiology, Ohta General Hospital
    • 高木 拓郎 TAKAGI Takuro
    • 富士重工業健康保険組合総合太田病院循環器センター内科 Department of Cardiology, Ohta General Hospital
    • 佐藤 恭介 SATO Kyosuke
    • 富士重工業健康保険組合総合太田病院心臓血管外科 Department of Cardiovascular Surgery, Ohta General Hospital
    • 中村 茂 NAKAMURA Shigeru
    • 富士重工業健康保険組合総合太田病院循環器センター内科 Department of Cardiology, Ohta General Hospital

収録刊行物

  • Japanese journal of interventional cardiology

    Japanese journal of interventional cardiology 13(4), 359-365, 1998-08-10

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008359747
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10236882
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09148922
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ