ステント留置後の末梢解離に対し6Fガイドカテーテルを深く挿入しプロテクティブシースとして用いベアーステント植え込み術を行った1例 A Case of Palmaz-Schatz Coronary Stent Implantation distal to Two Previously Implanted Stents : Engaging a 6F Guiding Catheter distal to the Prior Stents

この論文をさがす

著者

    • 角田 太郎 TSUNODA Taro
    • 富士重工業健康保険組合総合太田病院循環器科 Department of Cardiology, Ohta General Hospital
    • 手塚 尚紀 TEZUKA Naoki
    • 富士重工業健康保険組合総合太田病院循環器科 Department of Cardiology, Ohta General Hospital
    • 安斎 均 ANZAI Hitoshi
    • 富士重工業健康保険組合総合太田病院循環器科 Department of Cardiology, Ohta General Hospital
    • 小堺 浩一 KOZAKAI Koichi
    • 富士重工業健康保険組合総合太田病院心臓血管外科 Department of Cardiovascular Surgery, Ohta General Hospital
    • 佐藤 恭介 SATOH Kyosuke
    • 富士重工業健康保険組合総合太田病院心臓血管外科 Department of Cardiovascular Surgery, Ohta General Hospital

収録刊行物

  • Japanese journal of interventional cardiology

    Japanese journal of interventional cardiology 13(4), 366-371, 1998-08-10

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008359757
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10236882
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09148922
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ