肝膿瘍を合併したクローン病の1例 A case of Crohn's disease complicated by liver abscess

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は28歳男性.平成7年発症の小腸型クローン病で平成8年回腸切除,狭窄形成術施行後,在宅経腸栄養療法,5-ASA内服を行っていた.平成12年8月腹痛,下痢を認め小腸病変の再燃と判断し入院した.絶食,IVH管理により症状は寛解したが,再度腹痛と共に発熱を認めた,腹部CTで肝S4に壁肥厚をともなう不整形の低吸収域を認め,肝膿瘍と診断した.エコーガイド下経皮経肝膿瘍ドレナージにより改善した.

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 99(2), 152-156, 2002-02-01

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008361554
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ