抗 glutamic acid decarboxylase 65(GAD 65)抗体が低抗体価より高抗体価へ推移したバセドウ病合併糖尿病の1例 A Case of Noninsulin-Dependent Diabetes Mellitus with Increasing Glutamic Acid Decarboxylase 65 Antibody Titer Accompanied by Graves' Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は62歳女性. 43歳時に糖尿病と診断され, 以降glibenclamideにて空腹時血糖値160~180mg/d<I>l</I>, HbA<SUB>1c</SUB>8~10%とコントロール不良であった. 1997年1月抗GAD65抗体1.9 U/m<I>l</I>, 3月2.5U/m<I>l</I>と低抗体価であったが陽性を示したためインスリン治療を開始した.その後バセドウ病を併発したが, ほぼ同時期より抗GAD65抗体価の上昇を認め, 1998年7月327U/m<I>l</I>, 12月126,000U/m<I>l</I>となった. 高齢で罹病期間の長い糖尿病患者で抗GAD65抗体が低抗体価から高抗体価に推移した例は他に報告がなく, 低抗体価であっても慎重な経過観察の必要性を示唆する症例と考えられた.

収録刊行物

  • 糖尿病

    糖尿病 45(3), 187-190, 2002-03-30

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008362713
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    025094787
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ