原発性胆汁性肝硬変に対する bezafibrate の長期投与効果 Long-term administration of bezafibrate on primary biliary cirrhosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 矢野 公士 YANO Koji
    • 国立病院長崎医療センター臨床研究部 Institute for Clinical Research, National Nagasaki Medical Center
    • 加藤 浩之 KATO Hiroyuki
    • 日本赤十字社長崎原爆病院消化器科 Division of Gastroenterology, Japanese Red Cross, Nagasaki Genbaku Hospital
    • 森田 茂樹 MORITA Shigeki
    • 日本赤十字社長崎原爆病院消化器科 Division of Gastroenterology, Japanese Red Cross, Nagasaki Genbaku Hospital
    • 古河 隆二 FURUKAWA Ryuji
    • 日本赤十字社長崎原爆病院消化器科 Division of Gastroenterology, Japanese Red Cross, Nagasaki Genbaku Hospital

抄録

原発性胆汁性肝硬変 (PBC) に対し bezafibrate を12カ月以上, 最長8年の長期にわたり投与し, その効果について解析した. 対象は男性5例, 女性8例, 計13例. 年齢中央値59歳, 観察期間は1-11年 (中央値6.0年), 13例中12例は無症候性PBCであった. UDCA単独治療群 (n=6) におけるアルカリフォスファターゼ (ALP) 値の低下率は22.2%であったのに対し, bezafibrate では単独 (n=5), 併用ないし追加群 (n=4) においてはそれぞれ74.7%, 65.8%と共に明らかなALP低下作用が認められた. このALP低下作用は長期にわたって認められた. 特記すべき副作用の出現は認めなかった. bezafibrate は長期にわたってALP低下作用を発揮することから, PBCの治療薬として有効な薬剤であることが示唆された.

Bezafibrate is a commonly used drug for hyperlipidemia. Recently, it's additional effect of reduction of biliary enzymes, including serum alkaline phosphatase (ALP) activity, has been reported. The short-term therapeutic effect of bezafibrate on primary biliary cirrhosis (PBC) is promising. In the present report, we evaluated 13 PBC cases treated with ursodeoxycholic acid (UDCA), bezafibrate, or both. Further, we have used bezafibrate for PBC patients for relatively long-term in some cases (median: 6.0 years). Our experience supports the idea that bezafibrate exert a sustained effect on PBC patients. Notably, bezafibrate was effective in two patients to whom UDCA was not effective. No serious side effects were noted. Bezafibrate may be useful in long-term therapy for PBC.

収録刊行物

  • 肝臓

    肝臓 43(2), 115-120, 2002-02-25

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008363171
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04514203
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ