Laser in situ keratomileusis施行後に生じた網膜剥離に対し強膜バックリング術を施行した2例 Two Cases of Retinal Detachment following Laser In Situ Keratomileusis Repaired by Scleral Buckling Surgery

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本眼科學会雜誌

    日本眼科學会雜誌 106(2), 103-108, 2002-02-10

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008382349
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187157
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00290203
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ