「第102回日本耳鼻咽喉科学会総会パネルディスカッション」 : 耳石器機能検査の現状と将来

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

耳石器機能検査について最近行われている検査を中心にそれぞれの検査の解説と今後の展望について述べた. まず, 前庭誘発筋電位検査 (VEMP) について述べた. 本検査は, 比較的強大な音刺激を用い球形嚢斑を刺激し, 球形嚢―頸反射を観察しているものと考えられている. 本検査の記録法, 判定法を解説した. 判定には, 反応の有無, 振幅の左右比, 潜時などを用いる. 本法は, 左右の球形嚢機能を別々に, しかも比較的簡便に検査できるという点ですぐれており, 今後の発展が期待される. また, グリセロール負荷前後のVEMPの変化から球形嚢斑における内リンパ水腫の診断の可能性について述べた. このほか, 眼球反対回旋検査および, 主観的水平位検査 (SVH) について解説した. SVHは, 簡便にocular torsionを検査する方法として, また, 前庭代償の評価において有望であると考えられた. 眼球反対回旋やこのSVHは, 主として卵形嚢の検査と考えられるが, 左右耳の機能を個別に知るという点で問題があり, 今後さらに新たな検査法の開発が望まれる. このほか, 偏垂直軸回転検査, 偏中心性回転検査についても解説した. 偏垂直軸回転検査は全体としての耳石器機能を知るために有効であり, とくに小児における応用も報告されており, 小児の検査としての発展も期待される. 耳石器機能検査の発展, 充実によって耳石器単独障害はあるのか, また, その場合どのような症状が生じるのかといった疑問にも, 今以上に正確に答えられるようになるものと期待される.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 105(2), 137-141, 2002-02-20

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008382398
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00306622
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ