耳下腺癌における頸部郭清術の方針についての検討 Strategy of Neck Dissection in Parotid Cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1975年から1995年までに当科で根治手術を施行した原発性耳下腺癌1次例45症例を対象として頸部郭清の術式と治療成績の結果をもとに頸部郭清術の方針について検討した. 術前頸部リンパ節転移を認めた症例 (以下N (+) 群) は14例で全例高悪性度癌であった. これらには全例患側の全頸部郭清を施行し, 頸部再発を認めたのは郭清辺縁再発の1例のみであった. また, 術前頸部リンパ節転移を認めなかった症例 (以下N (-) 群) は31例で低悪性度癌9例, 高悪性度癌22例であった. 予防的郭清を施行しなかった27例には高悪性度癌36例中19例が, またT3ないしはT4症例24例中12例が含まれていたが, 後発転移をきたしたのは2例 (7.4%) のみであった. しかし, 初回手術後原発巣が制御できているにもかかわらず頸部転移をきたした症例は全頸部に転移が分布していることが多く, その予後は非常に不良であった. 潜在的頸部リンパ節転移陽性例を予測する手段として腫瘍の組織型を診断することは重要と考えられたが, 穿刺吸引細胞診での組織診断率は21.8%で現時点では困難と考えられた. しかし, 病理学的転移陽性例の全例でjugulodigastric nodeへの転移が認められたことより, このリンパ節の術中病理検索が有用と考えられた. また, 病理学的転移陽性例における転移リンパ節は全頸部に分布していた. 以上から耳下腺癌に対する頸部郭清術の方針について我々は以下のように考えた. 1. N (+) 群では患側の全頸部郭清術を行うべきである. 2. N (-) 群では基本的に予防的頸部郭清術を行う必要はないが, jugulodigastricnodeの術中迅速病理検査で転移陽性であれば, 全頸部郭清術を行うべきである.

We conducted definitive surgery on 45 patients with untreated primary parotid cancer from 1975 to 1995, and evaluated methods of neck dissection and results of treatment. All 14 with clinical neck lymph node metastasis underwent ipsilateral radical neck dissection and only 1 developed neck lymph node recurrence at the peripheral dissected site. Of 31 patients without clinical neck lymph node metastasis, 27 of 19 of 36 with high-grade malignancy and 12 of 24 with T3 or T4 did not undergo prophylactic neck dissection and developed latent neck lymph node metastasis in 2 cases (7.4%). Whereas in most cases we achieved good control of the primary site but neck lymph node recurrences occurred, recurrent sites were observed all around the ipsilateral neck and prognosis were very poor if neck dissection was conducted as secondary treatment. Although histopathological diagnosis was considered feasible for predicting occult neck lymph node metastasis, correct diagnostic with fine needle aspiration cytology revealed only 21.8%. Pathological positive lymph nodes in 15 patients who underwent neck dissection were detected all over (level I to V) the ipsilateral neck and the recurrent positive rate at level II was 100%. Based on the above results, we conclude that (1) in cases with neck lymph node metastasis in preoperative evaluation, ipsilateral radical neck dissection is mandated, and (2) in cases without neck lymph node metastasis, prophylactic neck dissection is not usually needed. When pathological results of frozen section from intraoperative jugulodigastric nodal sampling are positive, ipsilateral radical neck dissection is mandated.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 105(2), 178-187, 2002-02-20

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

被引用文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008382535
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ