喫煙開始30年後に急速に発症し,禁煙せずに改善した肺好酸球性肉芽腫症の1例 A Case of Pulmonary Eosinophilic Granuloma Arising Rapidly 30 Years after the Start of Smoking and Remitting Spontaneously without Smoking Cessation

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society

    日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society 39(11), 852-856, 2001-11-10

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008384240
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1119595X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13433490
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ