流行性耳下腺炎に合併した咽喉頭浮腫の成人2例 Two Adult Cases of Pharyngolaryngeal Edema with Mumps

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ムンプスは日常的な疾患であり合併症も多い。しかし咽喉頭浮腫を合併したという報告はない。今回,ムンプスに合併した咽喉頭浮腫の成人2例を報告する。2例とも呼吸困難を訴えた。1例は予防的に気管切開を要した。流行性耳下腺炎患者が呼吸困難を訴えた場合には,下気道のみならず上気道も精査しなければならない。

Mumps is common disease and it leads to many complications. But pharyngolaryngeal edema with mumps has not been reported yet. So I report two adult cases of pharyngolaryngeal edema with mumps now. Both patients complained of dyspnea. One needed prophylactic tracheostomy. If a patient with mumps complains of dyspnea, the doctor has to examine not only the lower respiratory airway but also the upper airway.

収録刊行物

  • 日本気管食道科学会会報

    日本気管食道科学会会報 53(1), 37-39, 2002-02-10

    The Japan Broncho-esophagological Society

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

  • 流行性耳下腺炎

    千葉峻三

    日本医師会雑誌臨時増刊号, 第122巻第10号, 感染症の診断 治療ガイドライン, 220-223, 1999

    被引用文献1件

  • 流行性耳下腺炎

    中尾亨

    内科学, 49-50, 1984

    被引用文献1件

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008385279
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187474
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00290645
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ