Rectoceleの大きさと手術適応 The Operative Indication for Rectocele by the Depth

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

平成9年から10年の2年間にrectoceleに対して経膣的に手術を施行した症例のうち術後症状の調査可能であった35例を対象とした、術前のdefecographyでrectoceleの大きさが30mm以上であった群(以下,L群)18例と,30mm未満であった群(以下,S群)17例に分けて検討した.Rectoceleの大きさはL群平均38.4mm,S群平均22.9mmであった.背景因子をみると全例が女性で,年齢はL群28~77歳,平均53.4歳,S群28~74歳,平均59.3歳であった.術前後で残便感「あり」の症状はL群が18例中15例(83.3%)から7例(38,9%)に(P<0.01),一方,S群が16例中11例(68.8%)から9例(56.3%)と改善がみられた.下剤の使用「あり」はL群18例中12例(66.7%)から6例(33.3%)に(P<0.05),S群16例中3例(18.8%)から5例(31.3%)に増え,L群のみ改善が見られた.平均排便時間はL群が6.2分から3.6分に(P<0.05),S群は6.8分から5.8分と改善がみられた.以上の結果から術前のdefecographyでrectoceleの大きさが30mm以上の症例では手術により症状の改善が見られるが30mm未満の症例では症状の改善は見られないことが判明した.

Thirty-five females with rectocele, who had received surgery between 1997 and 1998, were investigated. Studying two groups of patients were made of a retrospective analysis : Group L : the rectocele diameter was greater than 30mm, in 18 patients (mean 38.4 mm) ; Group S : the diameter was smaller than 30 mm, in 17 patients (mean 22.9mm). There were statistically significant differences between the preoperative state and the postoperative state relative to a feeling of incomplete emptying (83.3 vs. 38.9 percent ; P<0.01), use of laxatives (66.7 vs. 33.3 percent ; P<0.05), and evacuation time (6.2 vs. 3.6 minutes ; P<0.05) in Group L. In conclusion, we have found rectocele diameter to be of great value in determining when surgry is indicated.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌

    日本大腸肛門病学会雑誌 55(1), 47-51, 2002-01

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008386088
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ