手足の難治性疣贅における5-aminolevulinic acidを用いた外用・光線力学的療法の有用性の検討 Photodynamic Therapy with Topical 5-aminolevulinic acid for Recalcitrant Warts : A Clinical Study

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

疣贅の治療には一般に液体窒素による凍結療法が行われるが,特に手足の疣贅は難治であり,しばしば治療に苦慮する.今回我々は液体窒素療法をはじめとする,種々の治療法に抵抗した手足の疣贅患者に5-aminolevulinic acidを外用後,エキシマダイレーザーを用いた光線力学的療法を行い,その有用性を検討した.その結果,全症例の治癒率は63.3%であり,治癒例の平均治療回数は7.0回であった.外用・光線力学的療法は治療期間も比較的短く,照射時の軽度の疼痛以外,重大な副作用も認められなかったことから,難治な手足の疣贅例に対して有用な治療法の1つと考えられた.

A total of 79 foot and hand warts in 27 patients was included in this study. Photodynamic therapy with topical application of 20% 5-aminolevulinic acid for 12 hours using excimer dye laser was used to treat the recalcitrant warts. The rate of complete reduction in the wart area was 63.3%.A means of 7 sessions of treatment was necessary for complete reduction. Photodynamic therapy with topical 5-aminolevulinic acid for recalcitrant warts might provide beneficial results without severe side effects.

収録刊行物

  • 日本皮膚科学会雑誌

    日本皮膚科学会雑誌 112(1), 37-41, 2002-01-20

    Japanese Dermatological Association

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008386469
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196602
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0021499X
  • NDL 記事登録ID
    025120392
  • NDL 請求記号
    Z19-202
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ