多発性内分泌腺腫症に合併した胸腺カルチノイドの1再手術例 A CASE OF RECURRENT THYMIC CARCINOID TUMOR WITH MULTIPLE ENDOCRINE NEOPLASIA SYNDROME

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は58歳,多発性内分泌腺腫症I型としての上皮小体腺腫および膵ガストリノーマの既往を有する男性. 19年前にクッシング症候群を伴う胸腺カルチノイドの摘出術を受けている.腫瘍は前縦隔左半を占拠しており,完全に摘除しえた.組織学的には19年前の腫瘍と同一の所見を呈し,胸腺カルチノイドの再発と考えられた.このように遠隔期に再発する胸腺カルチノイドもあることを念頭におくべきであると考えられた.

A 58-year-old man with a past history of parathyroid adenoma, pancreatic gastrinoma and gastric carcinoid tumor as multiple endocrine neoplasia syndrome was admitted to the hospital because of an anterior mediastinal tumor. He had undergone resection for a thymic carcinoid tumor 19 years before admission. After this admission the tumor, which occupied the left anterior mediastinum, was removed completely. It showed the same histology as the carcinoid tumor resected 19 years before. The presence of long-standing thymic carcinoid which can recur after the first operation must be kept acutely in mind.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 62(3), 638-642, 2001-03-25

    Japan Surgical Association

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008388678
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ