胃切除後の腹腔鏡下胆嚢摘出術で結石の遺残を認め腹腔鏡下総胆管切石術を施行した1例 A CASE OF LAPAROSCOPIC CHOLEDOCHOLITHOTOMY IN A PATIENT WITH PREVIOUS LAPAROSCOPIC CHOLECYSTECTOMY AFTER SUBTOTAL GASTRECTOMY

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 63(1), 161-165, 2002-01-25

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008393038
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ