顎関節隙より求める咬合挙上量ならびに咬合挙上法 : 低位咬合に起因した顎関節症患者における咬合高径復位のためのスプリント作製について A Raising Method of Occlusal Height which calculated from TMJ Space Analysis : Making a TMJ space reconstruction splint so called S-splint for TMJ arthrosis which induced by overclosure

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 齒科學報

    齒科學報 98(4), 347-358, 1998-04-30

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008405470
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0009999X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00373710
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ