爪白癬 : 多様化してきたその治療法 Diversified Treatments of Tinea Unguium

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

爪白癬の治療法はこの10年間で非常に変わってきた, あるいは, 多彩になってきたという印象がある.実際, この10年間で内服薬にイトラコナゾール, テルビナフィン, フルコナゾールが加わり, また, その投与方法についてもパルス療法, 短期内服療法など様々な工夫がなされてきた.内服だけではなく, 外用療法についても多くの工夫した治療法が報告されている.これら新しい治療法の多くは総じて有効率が高い.しかし, それぞれに短所も有しており, 必ずしも患者のコンプライアンスを十分に得られているとは言い難い.爪白癬の治療におけるドロップアウトも未だに多い.治療法の選択肢が増えてきた現在, 我々としては新しい治療法の長所と短所を十分に理解し, 患者の要望に則した治療法を選択することが今後は重要になると考えられる.

Antifungal agents and therapeutic approaches for tinea unguium have been increasing in number. Itraconazole, terbinafine and fluconazole were developed in the 1990's, and many useful methods with them for tinea unguium have been reported, including pulse therapy and short duration therapy. There have been many reports of not only oral treatments but also contrived topical treatments, in most of which improvement rates were high. However, each treatment has had some drawbacks and did not seem to gain the complete compliance of patients. Many patients dropped out, still having affected nails. It seems important to us to understand thoroughly the merits and demerits of each diversified treatment for tinea unguium and to provide the preferential treatment for each patient.

収録刊行物

  • 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology

    日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 43(2), 85-89, 2002-04-30

    The Japanese Society for Medical Mycology

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008425013
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10166867
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09164804
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ