味覚シグナリングの分子細胞生物学の展開 : 食品の新しい品質設計基盤として Development of Molecular and Cell Biology on Taste Signaling : A new basis for design of food quality

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 阿部 啓子 ABE Keiko
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科 Department of Applied Biological Chemistry, Graduate School of Life Science, The University of Tokyo

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 49(5), 291-296, 2002-05-15

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008425586
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    6163273
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ