ヒト胃癌細胞におけるアズキ熱水抽出物によるアポトーシス誘導 A Hot Water Extract of Adzuki (Vigna angularis) induces Apoptosis in Cultured Human Stomach Cancer Cells

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アズキ熱水抽出物(アズキ煮汁)の抗腫瘍活性及びその作用機構の一つであるアポトーシス誘導について検討を行った.<BR>アズキ熱水抽出物をDIAION HP-20で処理した後,蒸留水,40%エタノール,60%エタノール,80%エタノールと順に溶出溶媒を切り換え,各溶出画分を得た.これらの溶出画分を用いてヒト胃癌細胞(KATO III cells)の形態学的変化,増殖抑制作用及びアポトーシス誘導により生じるDNAフラグメントの検出を行った.その結果,40%エタノール溶出画分に小球状のアポトーシス小体が観察され,さらにアポトーシス誘導により生じるDNAの断片化を示した.<BR>また,40%エタノール溶出画分によるアポトーシス誘導についてDNA断片化の濃度及び培養時間依存性に関して検討した.その結果,アポトーシス誘導は濃度及び培養時間依存的であることが判明した.また,40%エタノール溶出画分によるヒト正常細胞に対する影響は観察されなかった.以上より,40%エタノール溶出物による抗腫瘍活性機構にはアポトーシス誘導が関与していることが示唆された.

The exposure of human stomach cancer KATO III cells to a hot water extract of adzuki beans led to both growth inhibition and induction of apoptosis (programmed cell death). Morphological changes showing apoptotic bodies were observed in the cells treated with the extract. The fragmentation by the extract of DNA to oligonucleosomal-sized fragments that is a characteristics feature of apoptosis occurred concentration- and time- dependently. These data suggest that the extract of adzuki beans might exert anti-tumor activity by triggering apoptosis.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 49(5), 339-344, 2002-05-15

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008425684
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    6163387
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ