人工弁置換術後抗凝固療法の関連が示唆された特発性脾破裂の2例 TWO CASE REPORTS OF SPONTANEOUS SPLENIC RUPTURE PROBABLY RELATING TO ANTICOAGULANT THERAPY AFTER VALVE REPLACEMENT

この論文をさがす

著者

    • 前田 光徳 MAEDA Mitsunori
    • 東京医科大学八王子医療センター心臓血管外科 Department of Cardiovascular Surgery, Hachiouji Medical Center, Tokyo Medical College
    • 小長井 直樹 KONAGAI Naoki
    • 東京医科大学八王子医療センター心臓血管外科 Department of Cardiovascular Surgery, Hachiouji Medical Center, Tokyo Medical College
    • 首藤 裕 SUDO Hiroshi
    • 東京医科大学八王子医療センター心臓血管外科 Department of Cardiovascular Surgery, Hachiouji Medical Center, Tokyo Medical College
    • 工藤 龍彦 KUDO Tatsuhiko
    • 東京医科大学八王子医療センター心臓血管外科 Department of Cardiovascular Surgery, Hachiouji Medical Center, Tokyo Medical College

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 59(10), 2674-2677, 1998-10-25

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008436931
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ