家族要因とアルコール問題を持つ Identified Patient(IP)の断酒・飲酒との関連-家族機能,共依存,家族グループ・自助グループ参加などの要因を中心にして- Relationship between Identified Patient (IP) with alcoholic problems and familial factors: inreference to family function,co-dependence, family group and self-help group participation

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 34(1), 63-73, 1999-02-28

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008438262
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10518421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13418963
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ