水中物体の写真によるコントラストの推定 Estimation of In-Water Image Contrast Using Photograph

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

漁具など水中物体の近くにおける魚の行動は主に視覚によるものであることが知られている。視覚は魚の生理と外部要因で決まるものである。外部要因としては明るさ、水中物体の大きさおよびコントラストなどが考えられる。ここでは水中物体のコントラストについて検討する。水中物体のコントラストは輝度計を水中に投入して測定して求めるが、専用の測定器が無いことや水中作業における種々の問題があり、簡単に求めることはできない。従って、コントラストはほとんど実験室で求められ、フィールドで求められることは少ない。しかし、実際の海では海域によって海水の濁りが異なり、水中物体のコントラストに大きく影響するので、フィールドで水中物体のコントラストを求める必要がある。本研究では水中ターゲットの写真から簡単に水中ターゲットのコントラストを推定する方法を検討した。また、明るさのコントラストに対する影響についても吟味した。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 32(1), 1-5, 1995-07-31

    日本水産工学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

  • <no title>

    BLAXTER J. H. S.

    Modern Fishing Gear of the World 2, 529-536, 1964

    被引用文献1件

  • <no title>

    久保田広

    光学技術ハンドブック, 459-512, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    光の計測マニュアル 167, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    黒木敏郎

    海洋環境測定 58, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    照明学会

    日本工業規格 : 光学用語 53, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    WAYNE R.

    NIH Image program manual, Compuserv, 1992

    被引用文献2件

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008438545
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IR 
ページトップへ