水中物体のビデオ映像によるコントラストの推定 Estimation of In-Water Image Contrast Using Televised Image from Video Tape

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

物体のコントラストは輝度を測定して求めるが、小さい水中物体を対象にする場合、測定には種々の困難を伴う。前報では、物体の反射輝度から求めたコントラストと同じ物体を写真撮影した画像の階調から求めたコントラストの関係式から、水中物体のコントラストを簡単に推定する方法について報告した。この写真を用いる方法では、撮影からプリントになるまでに時間を要し、パーソナルコンピュータに取り込むためには写真をスキャナーに掛ける必要がある。一方、ビデオ撮影ではビデオテープからすぐにパーソナルコンピュータで映像を見ることが出来る。しかし、ビデオ映像の濃淡の度合から直接コントラストを求めることはできない。そこで、本研究ではパーソナルコンピュータに直接取り込んだ、ビデオ映像の階調からコントラストを算出し、物体の反射輝度から算出したコントラストとの関係について検討した。そして、コントラストをビデオ映像の階調の関数として表示を試みた。さらに、その結果を用いて、大型水槽中に設置した網地のように小さい水中物体のコントラストを推定し、検討した。この手法を用いることによって、小さい水中物体の視認距離を推定することができると考える。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 32(2), 89-94, 1995-11-30

    日本水産工学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008438616
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IR 
ページトップへ